鉄塔ネオン雑記.3












さて。

ナンバリングタイトルの進捗がたったの五回。いかに今月更新をさぼりまくっていたかがわかります。



今はもう片付けてしまった『鉄塔ネオン雑記(.)』『お仕舞い』と云う記事を含めて、12個の記事を書いたわけですが。記憶の鮮度がこれ以上落ちる前に、一度まとめておきたいなって思いが前々からありまして。ただそれは全く誰からも望まれていないモノでもあり、長らくやらずにいたのですが。

今回、25回とやや区切りもよく。



ってことで。

本日は。随分昔みたいな気がする、引退宣言から始まった当月のまとめです。自意識過剰、凄絶に気色の悪いセルフライナーノーツ。悪寒を感じた方、今すぐにげてぇぇぇっ!













では。


ちなみに各タイトルがリンクになってます。ぽちっとすると移動します。




















5/29


【鉄塔ネオン雑記(.)】
【お仕舞い】









引退宣言。29日朝、【鉄塔ネオン雑記(.)】の方を上げたんですが、内容が余りに詩的表現に走りすぎていてなにがなにやらだったので速攻で撤去。後に強烈に噛み砕いた【お仕舞い】の方を執筆、採用しました。

今思うと。【鉄塔ネオン雑記(.)】の方を本採用して、するっと引退してたら格好良かったような気がしないでもありません。文章としての精度が中々だっただけにちょっと残念。次に日の目を見る機会があるとしたら、私が引退するときでしょうか。その時は是非ご覧ください。








5/30


【復活コンサートとか嫌いなんですよね、おれ】








復帰宣言。と見せかけて実はこれ引退してねーじゃねーかそもそもっ!って突っ込み待ちな記事。人生屈指の赤っ恥。忘れるわけにはいかない、けれど思い出すには勇気を要する、ひどく難解な珍事でした。

ただ。本文内では触れていませんが。これ以降、「騙してる」という罪悪感が此処以上に増えることが無くなって気楽になったのも事実。

勝手に騒いで、勝手に沈んで、勝手に救われる。私の人生の縮図みたいな二日間でした。








6/1


【鉄塔雑記番外編.アストルティア新橋支部】









復帰第一回でオフ会の話投下するとか、私の感性は一体どうなってるんだこれ馬鹿なのかえぇ馬鹿です。

変態おみそよ・核弾頭にっくんと飲みに行った話。

当日が月末から月頭またぎと、絶望的に忙しい中での強行だったこともあり、あまりゆっくりも出来なかったのですが、いい歳して夜通し飲み明かすってのは中々に斬新な体験でした。

ネットを通じて知り合った人間に実際に会うっていう経験がなかった事、またそうした交友関係にまつわる話を好まない人も多いであろうこと。どこまでを書いていいのか全くわからず、結果文章の質は小学生の読書感想文レベルになりました。むふん。

自分が、全くリアル面の露出が(今となっては)気にならないだけに、今後もこの手の話題の取扱には細心の注意を払いたいと思うだけは思ってます。………。ほんとだよ?








6/3


【鉄塔雑記.21…シェアする魚】









知ってる人は知っている話なんですが。私リアルでルームシェアってのをやってて、その同居人がドラクエ始めたよって話。知らんがなっ、ってツッコミ待ちです。

ふすま一枚挟んで隣同士、わいのわいの騒ぎながらドラクエ。多分人生で二度となさそうな状況。結構楽しくやってます。








6/8


【にょろぐりあ広報記.2…フレッシュレス】











同居人・すむちんと胃痛仲間・りんごのチーム加入報告。

意味合いこそ違うものの、等しく私にとって特別な友人である二人の加入は、私にとって、月頭の引退騒ぎよりも、或いは遥かに印象深い出来事でした。

特に。りんごさんは、持ち前の明るいキャラクターでチームを盛り上げてくれており、日々感謝が絶えません。

私含め。やや変わり者っぽいメンバーが集結していた我がチームの空気感が変わった、転換点でした。







6/11


【鉄塔雑記.22…オーバーリミット・オガ子】










現存する最古のアクティブフレ・フェンさんにフォーカスした記事。

まぁ。あまり声を大に言う話でもないのですが。彼女と二人きりの時って、意外と他のフレとしない類の真面目な話をする事が間々あり。その中でも印象的だったのが、フレに関しての話。

かつて書いた事があるのですが。フェンさんと私って一度完全に疎遠になってて、交流が復活したのってかなり最近な話でして。

奇縁合縁。なにかひとつのきっかけで、途切れてしまった交流を取り戻せる。彼女はわたしにとって、そんな希望の象徴みたいな人物です。

折角結んだ縁。これからも大事にしたいものです。







6/14


【鉄塔雑記.23…『ゆいま~る』という魚】










予測不可能。アクセル常時全開想像の真上をジェット機みたいに駆け抜ける、天真爛漫快活娘・ゆいま~るとの初遭遇話。

余りにも強烈なキャラクターにテンションだけが先行し、いまいち彼女のアフォっぷりが表現しきれなかった、存外苦い思い入れのある記事。後の彼女絡みの記事を絶対面白くしようと誓った瞬間。

直近のフレの中では間違いなく最強レベルの衝撃でした。








6/16



【鉄塔雑記番外…かつてミステリアスだった人】









親好のあまり深くない人、とか。冷静に考えなくても壮絶に失礼な選定基準で選出された霧鈴ことマイフレンド・きりりんさんの紹介記事……と、見せかけて彼女の品位を失墜させんとばかりの散々な内容の記事。よく怒られなかったなぁ、おれ………。

ところで。リアルな友人の中に、当ブログを読んでくれている子が複数名いるのですが。その子たちから口々に

『ネオン、この子好きすぎるなっ』

と言われます。『別に、全然好きじゃねーし』と、強く否定するのもおかしいかな、と。放っておいたら完全に定着、共通認識になっていました。うん、じゃあそれでいこうもうそれでいいや霧鈴さん超絶ラブまじ愛してる付き合って下さい大好きです。



……これぶっとばされたらどうしよう、おれ。









6/18


【鉄塔雑記.24…フルアクセル・モア】










ゆいさん本領発揮。暴力的なまでにクレイジーな彼女のアフォっぷりが見事に描かれております。

うん。まぁぶっちゃけるとですね。現時点で、鉄塔ネオン雑記の最高傑作はこの記事だと思ってます。最初から最後まで、当日のテンションのまま、かなりしっかりと体感した熱量を書けたと思っています。

その割に周囲のリアクションが薄くて泣いたのは内緒。









6/23


【鉄塔雑記番外…写真嵐.2】










リアルがややごたついており、プレイ時間はあるものの記事の作成まで手が回らず。様々日が経ってしまっていたので、久々の写真吐き出し大会。特集をやったのが関係してるのか、霧鈴さんとゆいさんの写真多目。ついでに、せこせこ撮り貯めていたパオの写真も放出。

ログ写真だとまりもちゃんに投げつけた一人漫談がお気に入り。勿論狙ってやりましたとも、えぇ。








6/26


【鉄塔雑記.25…夏の夜に咲く恋の花】









七夕イベント回。

この記事に関しては正直コメントないです。文章娯楽としては全記事中でも屈指の低クオリティですし。

が。前述の通り。りんごさんってフレは、他の全てのフレと比較しても若干特別な位置に在る人なので。引退騒ぎから始まった今月の最後が彼女絡みの記事ってのも、ある種気の利いた皮肉の様な感じがします。

















さて。


つらつらと振り返ると、存外様々あったんだなぁ、と。中々感慨深いものです。

5月がもう本当に絶望的なまでに凄絶だったのを除けば、私のドラクエ生活の中でも三本の指には入るだろう濃密さでした。……事の善し悪しは別として。

本当は。余り楽しいことにばかり目を向けるのは良くないのですが。そこはだめ人間もとい鉄塔ネオン。怠惰にまみれ、惰性に溺れ。窒息するまでの今しばらくは、緩やかに日々を食い潰していこうかと思っています。










終わりに。

コメント下さってる皆様、感謝が止みません。ランキングバナーを毎回押してもらうよりも、たった一回のコメントのが遥かに嬉しいです。いあ、バナーもうれしいんだが!




って事で、すぺしゃるさ~んくすっ!



すおみさん・ぶーたんさん・はやてさん・ぷれたん・にょろちん・ぱおぉぉ!・レーンさん・ひゅくしー・ねえさん・キンすけ・みそ・まり藻ちゃん・バジ子・フェンさん・まろ・にっくん・霧鈴さん・ゆいさん・ぐりんさん・ゆかりこ・すすむ・りんごさん







書き漏らしないよね?っつーか多いなっ!

当雑記の九割はあんた方で出来てます。感謝感謝。









離れていった人、まだ手元に在ること、今も隣に居てくれる人。勘定計りの日々は絶えず苦悶を伴い。

それでも。零れ落ち、何時か忘れていく今日の鼓動を、ほんの少しだけでも脈打たせられる様に。鉄塔雑記はもう暫く続きます。


飽きるまでの束の間の暇つぶしに。積み上がり、いつか思い出せなくなる昨日の片隅に。此処に投げこぼしてきた言葉たちの居場所が、少しでもあれば幸いです。


では。




アストルティアで、またお会いしましょう。





















6/30-7/1

tetto.neon




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

鉄塔雑記.25…夏の夜に咲く恋の花




「飛び込んで!いけるいけるっ!」


うん、無理。






















さて。

いつもの如く公式より、ブログ用の写真をすとんすとん落としている最中。何気に見つけたお知らせの一つに、視線を奪う告知が一つ。

銘打って『夏の夜に咲く恋の花』。どうやら七夕に引っ掛けた季節物イベントな様子。

季節イベント。過去だとクリスマス・正月・バレンタインとか。大体イベント限定の装備やら家具やらが貰えたりする訳で。折角なので。詳細内容一切不明のまま突撃することに。



って事でイベント話。ネタバレありありってこれ一度で良いから書いてみたかったのわーいわーいやんややんや。



























アズランにてクエスト受注。というか。当日まさかの写真撮り忘れ多発につき、後日写真を撮る為だけに再来。写真だと無人ですが、当日は強烈な混雑でした。





















イベント会場。七夕がモチーフなだけあって、和風なレイアウト。祭り好きとしてはこの出店の感じだけで既にテンションやや上がり。ヤキソバ食べたい。



クエストを受注すると先ず、狐面が貰えます。で、これを装備した状態で敵と戦闘をするとなんちゃらの笹だかなんだか(記憶ふわっふわ)が貰えます。

で。それを材料に装備品を生産・錬金。専用装備の準備が出来たらイベント消化ってながれらしい。



装備品には男役用と女役用の二種類があり、それぞれを装備した状態のペアで向かうのが効率がいいそうで。



………ペア?




なるほど、流石七夕イベント。ぼっち鉄塔に対する悪意すら感じる。

現地調達ははずいし。両方の装備をそろえれば一人でもクリア出来る様ですが、さすがにそれもちょっと寂しいし、ロマンに欠けます。

が。二人きりだと間が持たない系ドラクエ。さて、どーするか……………










………。













こーなりました。さよならマイラブロマンス。






てことで。アホ娘・りんごさんと二人、一路七夕会場へ。

と、言っても。このクエ、この段まで来てしまえば後は報告して終了という、さっぱりしたもの。それもなんだか味気ないなってことで















短冊でも書いてみる事に。

というかこれ、人の書いたヤツも見れちゃうんですが。これが結構面白くて。

おちゃらけたものから真面目なもの、恋愛祈願に安産祈願。色んな人の色んな願い事があり、なんともふわっとした感覚に見舞われました。

向こう何年も短冊なんて書かなかった訳ですが。ゲームの中とはいえ折角の機会、割と真剣に願い事を書いてみました。なにこれ楽しい。









で。双方書き終わるまでに要した時間、実に一時間強。どうなってんだこれ。









って事で無事クリア!

報酬で女の子キャラははごろもがもらえました。










でででん。メギでポーズとってたら人が集まりました派手やなコレ。












ランキング参加中。

メンドイって理由から、今回装備は全て購入したのですが。はっきり言って安い買い物でもなく。労力・投資の割に得られるのは装備だけ、と。なんとも実りの少ない今回のイベント。

が。

短冊とかもそうですが。空気感みたいなものがこれまでのイベントとは若干異質な感があり、これを楽しめる人には中々なイベントなんではないかと思います。


まだイベントがお済みでない方。恋慕募る相手でなくても。是非仲のいい方と一緒してみるといいと思います。


って事で。




りんごさん、後編もよろー。














人気ブログランキングへ

鉄塔雑記番外…写真嵐.2



うーみーはっ、ひろいーなっ、おーっきぃーなぁぁぁ~。


ちなみにこの写真撮ったの、午前5時前とか。空白む一日の始まりに私は一体何をしてるんだこれ馬鹿なのか。









さて。

最近は何やら色々新しいものに手を出してみたり、新しい出会いに僅か動揺してみたり。あとそう、なんかひとりで呑んで死ぬほど泥酔してみたり。うん、泥酔は違うね関係ないやこれ。

ま、まぁとにかく。なんやかんやしている内に日々は瞬く間、気付けばブログの更新が随分と滞ってしまっていた事実に焦燥を感じながら。されど日常にフォーカスする程の話もなく。

ってことで。今日は久々に写真嵐。もの凄く無作為にいきます。











1.美女三姉妹







やたら白い美女三人。よく見なくても霧鈴さんが壁に埋まってる。一体どうした。














2.フェンさん、燃える












「頭が燃えてる……」

「うん。めっちゃ燃焼してるよな」


というかフェンさん、家具と融合するの好きだね。キャンプファイヤーに身を投げ込むオーガの図。彼女の持つ女子力やらレイアウトセンスがなんとも見当違いのベクトルで吹っ飛んでいる。ちなみにこのキャンプファイヤー、全容はこんな感じ。










まるっきり火災現場。

















3.霧鈴さんとゆいさん




















この二人、これがほぼ初遭遇だったはず。馴染みすぎである。ベクトルこそ違えど、流石アホ娘同士。シンパシーがあったのでしょうえぇ知らんけどな!









4.ぱおっ、ぱおおぉぉぉおああぁぁっ!




























最後の写真超よくないです?かなりお気に入りパオ可愛いでパオ。









5.藻




まりもさんってフレがいます。あまり絡みが多くないので、一丁親好を深めようとフレチャを投げ込んでみます。










離席中に。




















で。


















後日。スケボーしてる最中力一杯転倒して右腕を負傷しました。なにこれまじこわい。









ブログランキング参加中。

最近ひとつひとつの記事があまりにも長い気がしたので、今回意図的にかなり文章を減らしました。やせ細っております。


それじゃ、今日はこんな感じで。ねぇ、霧鈴さん?
















…………。



てれるじゃないか~








人気ブログランキングへ

鉄塔雑記.24…フルアクセル・モア
























彼女と知り合ってから初のフレチャ。なんだこれ、おかしい。友人関係を構築する上で踏むべき段階を大幅にすっ飛ばしてる感がやばい。




















先日の遭遇以降。あんまりにもアレな強烈なキャラクターから、私の心を鷲掴みにした、近年稀に見るレベルのアホ娘・ゆいま~るさん。

普段。決まった人とパーティー組みたい遊びたいって願望はそんなに強くないのですが、彼女に関しては例外も例外。怖いものならぬアフォみたさで絡みまくっている訳です。なんだこれ恋かこれ。


で。二回目の遭遇時、ベリアルに誘ってみました。























うん。今見返しても意味がわからん。























って事で。ベリアル行ってきた話ですってなんだこれ前置き凄まじいな長すぎだろこれ先に言っとくこれ今回の記事多分超長いわ。


























さて。


当日日中。ツイッターにてベリアル撃滅戦への参加要請をしてみます。が。毎度のことながら私の行動の裏打ちは常に思いつきドントシンクフィール。見切り発車は些か失礼かもしれない。ここは一つ、慎重に切り出してみよう。唸れ、マイネゴシエーション。












「現時点でコインないしお金もないけど行こうベリアルいこう」

「いきおいだいじ!」

アホでよかった。


























で、夜。約束の時間を楽勝でぶっちぎってインすると



「18000Gほしくないか虫」




尋常じゃないフレチャが飛来。いやあんた虫て。そんなん言われたらあんたおれにだってプライドってもんがあってそんなほいほい金に目がくらむだなんてそんなまさか




















「なんという慈悲。すぐ向かおう」


「待とう。はよ」


自尊心がログアウトしました。





























オークを狩ります。かつてないレベルの喧しさで狩ります。

そういえば。ゆいさん、2アカ使いでスウって名前のエルフを連れてるんですが。彼女曰わく






だ、そうです。ちなみにプクは毛玉・オーガは鬼でウエディは魚、ドワーフはかびだそうです。かびて。




















で。散々大騒ぎしつつ、討伐が完了。このままの流れでベリアル撃滅を敢行する事に。
同行してくれていたウンディ~ネねえさんが本アカウント・みゅう~で参戦してくれる事に。残り一枠。

「ひゅくしー呼ぼうか」





あぁ、彼な。

前回のイッドでもお世話になった超絶優良僧侶(らしい)ヒューイさん。なるほど彼が参戦してくれるなら心強い。

待機する事暫し。
































クールエルフ・ぐりんさん登場。さよならひゅくしー、君の事は忘れた。















で、事前打合せ。ベリアル戦のテンプレって確か、僧侶二枚で他は結構自由度高かったはず。
折角のコインボス。勝利やアクセも欲しいけど、やっぱりみんなが楽しめる事が一番。さぁ、僧侶は頼りないけど私が請け負おう。みんな、各々好きな職業になるがいい……っ!


















うん。これね、よく見て。右端の子ね、スティック持ってるの。左端の子もね、スティック持ってるの。


僧侶三枚。正にフルセキュリティ不治の病も応急処置で完治するレベルの手厚さっていやなんだこれ火力不足とかのレベルじゃない正気かあんたこれどうしたまじで。



























む。



















いけるようです。










































「ねおおおぉぉぉん!!」

「ゆいまぁぁぁぁる!!」

「きょうは……!」

「おうよ……!」

「記念日だ!!」

「うん。え、なんの?」

「なんだろ。わかんない」

















………。


























…………。
































普通に勝ってもうたで。なんなんだ、これ。このドラクエにおけるコインボスの在り方がもはや全くわからない見失った存在意義。














ちなみに。アクセは出ませんでした。













ですよねー。








































凄まじい。

彼女を形容するにあたって、これほど的確に核心を突いた表現が見つかりそうにもありません。ノリの良い子が多い私のフレ群の中でも、他の追随を許さない圧倒的な存在感を放つ彼女。我が家に来る事はさして多くありませんが、遭遇した時には強ボスとかに誘ってみてください。ボス大好きらしいので、もうホント嬉々としてついてきます、きっと。























ランキング参加中。

悪霊買ってくるから行こうとか言い出したゆいさん。いかん、これホントに買って来そうだ。この暴走列車を止める事など………最早不可能、なのか………っ!?













あ、止まった。








人気ブログランキングへ

鉄塔雑記番外…かつてミステリアスだった人






いや。君、これまでも結構弾けた御様子のフレチャ投げ込んで来てたで。あたかも普段はボケてませんみたいな空気感がおかしい。ボケッ放しやないかあんた。使っていいのか判断迷ってログの写真撮ってこなかったのが悔やまれる。おれの配慮と思いやりを返せ今後はもう容赦しない静かな決意よ今ここに。























さて。



きりりんさん、というフレがいます。




元はぷれたん・みそなんかと親好の深い方で。以前にぷれたん含め三人でパーティーを組んだ際、いきなりぷれたんとの馴れ初めを展開し、新参者の私を置き去りにするという暴挙に出られた方です。思い返すと胸の痛い話です、えぇ。


で。


特別極端な親好もないまま、しかし意外と縁切れず今日に至った訳なのですが。最近、初対面の頃抱いた彼女の人物像と、進行形の心象の齟齬がやたら激しい気がします。















これ、現存する最古のきりりんさん写真。黒を基調としたコーディネート。ポップさはイマイチですが、それを補って余りある蠱惑的な雰囲気。










後、ポップさをも手に入れたきりりんさん。良いトコのお嬢さんみたいなにこれかわいい。











可愛らしい風貌と、のんびりとしたチャット。馬鹿騒ぎから一歩離れた所で控え目に微笑む様は正に深窓の令嬢世間知らずプリンセスなんて可愛さまじこんなんファン殺到やでお前これ

















ん?






















あれ?











おかしい。今何かとても不穏な気配を感じた。にじりよる違和感を察した。いやいや、そんなはずないよ。きりりんさんに限ってそんな訳ないよ。ねぇ?きりりんさん?



























あ、だめだ!
この人だめだ!









ある日のグレン。

往来雑踏。人々の喧騒は強く、各々が目的意識の下歩を急ぐ最中。

















………。












うぉぉおっい!どこで寝てるんだお前はあぁぁあっ!しかも白チャで「zzz」とか言ってる場合じゃない。直後、知らん人からいきなりおはらいをされるきりりんさん。南無。








またある日は。唐突に間合いを詰めてきたかと思ったら








「ぱふぱふ」







うん、伝統だけど。ドラクエの鉄板ネタであることは認めるけど、なぜそれを今やるの!?嬉しくない、嬉しくないよきりりんさん!













からの、逆ぱふぱふ。もがもが言ってましたえぇ全く意図するところがわかりません。











他にもいきなり我が家に来たかと思ったら、そのままストレートで落ちたり。正体不明のテンションでいきなりフルスロットルになってみたり。


















かつてミステリアスな大人の女性だと信じていた人がただのアホ娘だと判明した瞬間。憧れの先輩が腹だしていびきかきながら寝てたのを発見した学生時代を思い返しました。憧れ混じりの恋慕の砕け散る残響。全く落胆甚だしいホントアホ全開のがきりりんさん絶対可愛いもっとやれ。









ぷれたんなんかと一緒にいる事の多い彼女。もし遭遇したら、ぐいぐい絡んでみましょう。借りてきた猫みたいになる可能性も高いですが、運が良ければアホアホな彼女が見れるかも。………悪ければ?











「ドレスアップ!」


えぇ、違います。









ランキング参加中。

さぁ、今日も今日とてきりりんさんに絡んでみようそうしよういぇぇぇぃっ!



















……………。


あれ?









人気ブログランキングへ

鉄塔雑記.23…『ゆいま~る』という魚






大概。人との遭遇ってのは予測不可能なもので。それでも大体は想像の範疇に収まることが多いのですが。


久々にきました。


































さて。

当日はひとり黙々とチームクエストを消化(非常に珍しいとかそんなことない)。タコメット撃滅に精を出してみます。
で、そんな折。後からインしてきた我らがにょろぐりあ(チーム名)の花・ハイスペックガール、ウンディ~ネねえさんから強ボスへの参加要求。相手はイッドとのこと。特段することもなし、二つ返事で了解したところ、ふと、彼女にしては随分珍しい発言。曰く




「負けるの前提だから、よろしく」



よくよく話をきいてみると。誰の発案なのかはわからないが、なんでも魔法戦士三枚に僧侶という、えらく聞きなれない編成を試してみたいとのこと。
そもそもテンプレとかよくわかってない系ドラクエ。しかし問題はそれに付き合ってくれるもの好きがいるのかどうなのか。と。

「残りふたり、すぐに来るから待ってて」

さすがねえさん。ぬかりはなかった。










で、待つことしばし。

ねえさんの言っていた残りの二人が合流してくる。


一人はヒューイという魚。
ねえさんのメイン(みゅう~)の方のチムメンで、凄まじいまでのPSを持つ超特化僧侶だそうで。ねえさん曰く、安心感が違うとのこと。















うん。なんだろう悲しい。











で。もうひとり。ゆいま~ると名乗った魚女子。彼女とは完璧に初対面だったわけだが





「アフォの香りがする・・・!」





奇遇ですね。こちらもなにやら炸裂弾みたいな不穏な気配を感じ始めていたところです。











イッド開戦。が、これなにをどういう風に血迷ったのか、ゆいま~るさん下装備がない。初挑戦の初編成、不安要素を極力排除するのがセオリーであろうはずの場面で躊躇いなく・悪びれる様子もなく下装備がない。なになに、これは一体どうしたことだおかしい。




「メラスラアアァァァッシュ!」


なにを叫び出してるんだこの魚。














で、非常に安定して倒せてしまった。おかしい。エンドコンテツに風穴を開ける下半身装備なし魚女子っていうかあんたいつの間に全部装備外してやがる一体その仮面に何の意味があるって言うんだ。誇らしげに杖を天に掲げる、その凛々しさがたまらなくやかましい。ヒューイさんなんかは結構ゆいま~るさんに引っ張られて脱いでる感じだった訳だが。当の本人・・・ゆいま~るさんの自由度がなにやら尋常じゃない。



で。運良く一発オーブ獲得、時間的にもかなり余裕があったので。話の流れで、このままのメンバーで蜘蛛退治へと向かうことに。




「編成は?」



「このままで!」



どうしたことだ。これって一回きりの実験じゃなかったのか。mpの消費量がかなり激しいので、宿屋の遠い蜘蛛での連戦にはとてもとても使えない編成でしょ、これそれをあんたこのままってそんなん



「いけるいける」



気が付いたらタイプしてた。おかしいどういうことだ何かが伝播しているとしか思えないおかしい。








ってことで。一路蜘蛛退治へと馳せ参じてみたりしたり。





ばりばりばりりん。

主な攻撃方法がギガスラッシュの為、とにかく派手。音がうっさい。が、何よりも凄まじいのが




「おおおおおおおおおおお」


うん、ゆいま~るさん?あなたのそのテンションの起源は一体どこから来てるんだい?



「おおっしゃああああああ」


うん、伝播した。おかしい。日々冷静を常としている私のプレイが尽く乱れているどういうことだなんだこれ。




で。挙句全滅した。いや、私のPSだったりステータスだったりが平均値に届いていないことなど百も承知で、しかしそれでもなんというか。言い知れぬ不服感がないでもない。勝てる勝負をみすみす捨ててしまった様な、奇妙な徒労感。一体なんだろうこれねぇねぇゆいま~るさん?


「いけるいける!諦めんな熱くなれよ!!」


食いしん坊がいた。万歳。



しかも蘇生してもらってから次戦に入るまでのあいだ、他のパーティーに絡みまくるという暴挙に出る。静かにザオとかだけしていればいいところを、まぁまぁとにかく絡みまくる。


「いけるいける!諦めんな!」

「気持ち!!気持ち大事に!」


「今日・・・この日の為に我らは出逢った・・・!」

「これが・・・運命・・・っ!」



だれかこの魚とエルフ黙らせろ。傍から見たら間違いなく頭のおかしい二人だった。が、本人達的には楽しかった模様。私はノリノリでしたどうしたこれクレイジー。











で、二回戦。先の戦闘で敗北を喫している以上、これ以上失態を晒すわけにはいかない。服とか脱いでる場合じゃないぜ、ゆいま~るさん・・・・・っ!!!





「・・・あれ、ゆいま~るさん?杖は?素手でいくの?」

「うん」


救いがない。一体彼女は何を目指して杖を手放したんだ。からくりを打ち砕く軽やかなサマーソルト蜘蛛を打ち抜くばくれつけん。


「こう、内蔵をえぐるような感じで・・・」

だれがリバーブローの打ち方を教えてくれといった。











苦戦の果てに勝利。なんだこれ、蜘蛛ってこんなに神経すり減らす敵だったっけ。

ここでねえさんが夕食のため一時離脱。解散するのかぁ、などと思考していると「げ、玄関に大砲!!」と、急激にそわついたチャットが。どうもゆいま~るさんが我が家に遊びに行った模様。





うん。改めて見ると確かにこれすごいよね。これやったのだれだっけもう犯人の心当たりが多すぎて特定作業が困難になってきてる。
















後にねえさんが帰還。我が家の中で唯一護られていた二階エリアが遂にねえさんに侵食された。ゆいま~るさん生埋め。







後にいつもの顔ぶれを中心に人が集結。集めるつもりゼロにも関わらずここまで人が集まってくれるってのは喜んでいいのか、プライベート消失を嘆くべきなのか難しいところである。というかフェンさんウチ好きだな!!















みそと遭遇した時の衝撃って結局、自分とベクトルの全く違う生き物に対してのおっかなびっくりみたいな感じだったわけですが。それに比較するとこのゆいま~るさん、アホっぽさに奇妙なシンパシーを感じる方でした。似ていると言うと怒られそうですが、楽しみ方のベクトルは似通っているような気がしなくもありません。というか。この一回の同行だけで一気に、最近気になるフレの首位に躍り出ました。気になる・・・すごく気になるゆいま~るさん!!!















ランキング参加中。

ところで。たまにブログでフレ紹介するわけなんですが、あれ、私と極端に仲良すぎない・・・なんだったらイマイチ掴みきれない様な人を取り扱ったほうがいいような気がするんですよね。いあ、別にその人と仲良くないとかじゃなくて。話すけどよく知らない、みたいなタイプの人にフォーカスしてみたほうが面白いと思うんですよね。

ってことで、次回。







きりりんさん、よろしゅ~。










っぽっちいいいいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!



人気ブログランキングへ

鉄塔雑記.22…オーバーリミット・オガ子








「これ、あちきが置いたんだぜ……」


うん、あのね?君の事は大好きだけどね?正直、こんなトチ狂った来客抑止型レイアウトでドヤられてもね、対応に困る。一体訪問者にどれだけの覚悟を要求するってのか。死地に赴く兵士の心意気を問われるマイハウス。












さて。








当日はイン時間がやや早く。タイミング的な話なのか、暇そうな友人も中々おらず。目的意識ゼロのまま、カミハルムイを徘徊する事暫し。ふと、ひとり。やや暇そうなオガ娘を発見。ここぞとばかりに絡んでみる。

















力一杯本人を否定されました。というか、苦労性て。彼女の中での私の位置付けがさっぱりわからない。というかアレは白髪ではない銀髪だ!


















もう、のっけからアクセル全開。言い出しといてあれだけど、まるでやり遂げられる自信がない。どうしてこう、私の周囲の女性陣は振り切れっぱなしなのだろうか。癒し系女性フレ募集中。




って事で。本日はアクティブフレ中最古の友人…私の周囲での人気の出方がすごい、妹系過激発言娘・フェンさんのお話。































短いやりとりの後。特別気乗りもしなかった為、特になにかをするでもなく。自宅二階の窓際席に腰を下ろし怠惰を貪っていると。













無駄にえろっちい格好の鬼が対面にいた。なになに、それ上、服、どうなってるのそれ。着こなしとしてそれって正しいのそれ。





で。
取り留めなくだらりんと会話を交わしていた中途。ぷれたん・きりりん両名から迷宮のお誘い。当然の流れでフェンさんも連行。





「トルネコでねーかなぁ~」

弛緩した空気で雑談に興じる。と。そんな、ある種気だるい空気感はしかし














「アトラスあるんだけど………だめ?」








前触れなく投下された爆撃発言により、一気に緊張の張り詰めを纏った。

いや、決してダメって事はないのだけどね。初挑戦コインボスのメンバーに私を選ぶあたり、勝利に対する執着の薄さを感じないでもない。メンバーチョイスが冒険心に溢れすぎである。少なくても私なら私は選ばんぞ。なんだったらもう辞退してしまえネオン。















「よし。いこう」









まぁ。無責任に乗っかる辺り、私も大概よっぽどな奴ではある。気を遣う機能は大分前から死んでいたらしい。









と、いうこで。
















目指す戦場は地の底に。いざ参られん。

















久々遭遇・アトラスおじさん。相変わらずおっかない顔だ事。

きりりんさんとフェンさんは、アトラス初挑戦ということで。特にきりりんさんの緊張の具合がすごかった。いあいあ、あんた大概オーバースペックだからね?ぷれたん・きりりんペアがいる以上、敗北の結末はない、と。ガチトーンで語ってみる。









「おれ、アトラス三回位負けてるんだけど」









ぷれたあああぁぁぁぁっん!








鈍じんわりと不安感を纏いながら開戦。いや、これ負けるとホントにしゃれにならんぞアトラス空気読めよまじでなんなら自発的に爆散しろ。








と。ある事実にメンバーが気付いたのは、戦闘開始から間もなくだった。

各自違和感を感じつつも言葉には出さず。アトラスの名前がオレンジに変わった頃、違和感は確信的に変容する。まぁま、要するに











「………余裕じゃね?」









作戦(が、あったかどうかはよく知らない)がうまくはまったのか。メンバーのスペックがクレイジーなのか。苦戦の気配がまるでしなかった。というかフェンさん旅芸人での参戦だった訳だが、活躍し過ぎである。キラージャグリングが普通に強くて笑った。 

















すごい。普通に勝ってもうたで。



















ま、まぁ。チョーカー出なかったけど、勝てたしいいでしょ。泣くなよきりりんさんや。









で、帰還後。そういえばフェンさんの人間形態をみたことないよなー、みたいな話になり。折角なので御披露目してもらうことに。


















ギャルっぽい人おるで。

つーかその仕草やばい。鼻で笑われてる感すっごい。なんだろうこれ心がざわざわする印象の変わり方がやばい。














 圧倒的頻度で水やりに来てくれる、スーパーマメな女性・フェンさん。自宅に戻るのがめんどくさくなって我が家で落ちることも少なくない彼女。我が家に遊びに来ると遭遇できるかもしれません。人懐っこい性格のかまってちゃんなので、見掛けたら絡んでみると良いよ!









まぁ、ときたま














こんな具合の惨状になるけどね。衣食住のバランスが砕け散った系ドラクエ。









ランキング参加中。

ところで。フェンさんとつらつら話してる中で、結構前にやったみたいな集まり……まぁ、ユーザーイベントもどきをまたやりたいね~、みたいな話になりました。

実際どうなんでしょ。お祭り騒ぎ好きーとしては、企画するのはやぶさかじゃないんですが。


もしやるなら顔位だしてやろうか、あぁ!?ってなった方。下のをぽちっとすると、本当になんかやる………かも?






人気ブログランキングへ






おまけ。

















「私、今日からあなたのおだんご枠!」





うん、いらない。

















おまけ.2











これはひどい。


なるほど。これが、恋心が死ぬ感覚か。私の恋慕を返せ。

にょろぐりあ広報記.2…フレッシュレス









………………。



















後。なにがどう失われたかは、皆様の御想像に委ねます。諸行無常。形ある物の価値に気付かされた瞬間。

















さて。

本日は広報記第二回。

投げっぱなしのボケっぱなし。お馬鹿集団・我らがにょろぐりあに新たな家族が増えました。




























知る人ぞ知るアホ娘・りんごさんと、





















チャットの文面が日々キッズ臭さを増していく、リアルシェア魚・すむちんです。

























元々。リーダーたる私の圧倒的人望規模の関係で、超少数精鋭(四人)で活動してきた我らにょろぐりあ。なんというか、やはりチームって人数じゃないよねアットホームというか皆が仲良ければ人少なくったって関係ないよねわーい大人数でチームイベントとかやりたいよ誰か入っておくれようわーん……




と。思ったり思わなかったりな日々を、のんびり過ごしていたわけですが。契機というか、タイミングというか。増える時はぽぽぽん、と一気に増えたりもするわけで。

りんごさんについては以前より移籍についてちょろちょろ話もしており、随分と時間が掛かったなぁというのが素直な感想でしょうか。

すむちんに関しては、他所にくれてやるつもりは更々ありませんでした。

まぁ、理由は雑多あるものの。なにより、あの適当極まる性格のちゃらんぽらん野郎を、視界の外に出すのは些か心苦しいと言いますか。なにこれきっとおかんってこんな気持ち。ダメ息子を持ったおかんってきっとこんな心持ち。







で。






暫くメンバーの時間も合わず。加入後、なんとなくふわっと日々が経過した、後。


















奇跡的………でも全くないのですが、ようやっとタイミングが合い。遂に初のチーム活動へ。

目標は天魔。すむちんのキークエお手伝いですね。戦闘経験が多い訳でもなく。久々の貴重なボス戦に僅か沸き立つマイハートわくわく。

これを突破すれば、すむちんのキーエンブレムも6個(!)。これ、結構なハイペースでないかい?

















ってことで。(なんであんたまだ倒してなかったのさプレイ時間1000オーバーやないかい)アホの娘・りんごさん、すむちんに私と、最近私の中で話題沸騰なドジっ子・ウンディ~ネねえさんを加えた四人で天魔討伐に向かうことに。





道中。すむちんとりんごさんのテンションが振り切れ気味レッドゾーン目一杯な感じで、私とねえさんが若干辟易してたのは内緒。

というか。この際の会話が、なにをどう道を違えたのか恐ろしいまでのプライベートな展開となり、過去に例を見ないレベルの暴露合戦になりました。私の友人たち、危機管理能力もうちょっと養った方がいいんでない?




で。







なんやかんやあった後、戦闘に突入。……正直この辺、直前の暴露大会での謎のそわそわ感が抜けきっておらず、ほっとんど写真とってないのよね。底辺とはいえ、私だってブロガーの一人。これはひどい。あまりにも体たらく過ぎる。


ので。今回初の試み。


自分の手元に使えるものがないのなら、人のものを使えばいいんだ………っ!!!






(まぁ、実は既に冒頭のツーショットがそうだったのだけれども)りんごさんの写真を勝手に拝借して使用することに。

いやだってあの人コインボスで戦闘中必死になって写真とってて味方死なせるような人間だよ?彼女なら、必ずや。必ずや戦闘中のいい感じの写真を撮ってあるはず………!!!













……………。






























当家の魚の骸が見えます。
味方の亡骸を前に嬉々として写真撮影に勤しむ獣。今後の我がチームの行く末に翳りを落とす写真ですってゆーかお前の血は何色だ外道過ぎるあの人哀れすむちん安らかに眠れ。










まぁ。実際問題結構な促成栽培、私なんかが数ヶ月掛けて歩んで来た道程を超特急で駆けているわけで。はっきり言って本来なら倒せる見込みゼロの戦いだったわけで。

結果、他三人の力技で勝利こそしたものの。ここからはしばらく促成栽培はやめて、すむちんにものんびりとドラクエを楽しんでもらいたいものです。………すむちんが引きこもりになったら、おれどーしよ。






で。



一応促成栽培の収穫と言いますか。あっと言う間に人間形態を取り戻したすむちん。

こちらです。































どうでしょう。初めて見た時の私の絶望感、少しは伝わりました?


















さて。


今回運良く二人の追加メンバーを得ることができたわけですが。はっきり言って、やはりまだもう少し、全体の人数は少ないようにも思います。

そもそも。本来であれば、リーダーである私が率先してチムクエを消化し、皆が楽に楽しめるようにしてあげられればそれが一番なのですが。如何せん私はこの性格ですし。ふらっふらっとチームの外を飛び回ってることも非常に多いのが現状です。

チムクエが実装されて。周りのある程度規模の大きなチームの子達がわいわいやってるのを見ると。大きなお世話と知りつつも、ウチの子達には申し訳ないなぁと思ったり。


ってことで。


もし皆さんの周りにチーム加入考えてる子とかいたら教えてください。拉致ります。










ブログランキング参加中。

下の写真から

「あ、まぁとりあえず仲はいいみたいだなぁ」

と思ってくださった方。

如何にも。それ以外に取り柄なんてないでよ!





















ぽちいいいいいいいぃぃぃぃぃっ



人気ブログランキングへ

鉄塔雑記.21…シェアする魚





ぬえりゃぁぁあぁぁあっっっ!!!







































あれ?






























さて。

久々のナンバリングタイトル。前回の記事が、若干『ドラクエブログ』ってコンセプトから遠退いた内容だった事もあり………というかここ一週間位そんなんばっかだったわけですが。

ま、まぁとにかく。改めまして改まりまして。




本日は原点回帰。楽しい楽しいドラクエのお話。













私のリアルルームメイト・すむちんのお話です。









……あれ?若干これ変則でない?

















非常にプライベートな話なんですが。私現在ルームシェアってのをやってます。……まぁ、厳密に言うと、私が住んでる家にすむちんが転がり込んできた訳ですが。

で。

多分殆どの方しらないでしょうが、私2アカってのが出来る環境にありまして。しかしながら万年投げっぱなし、怠惰を地で往く鉄塔ネオン。2アカ使用の高効率金策など夢見たのも一瞬。まぁ、も~めんどくさくて、長らく封印されていた訳ですが。


「折角だから暇つぶしにやれば?」






こんな思い付きを起爆剤に、深い眠りから覚めたマイwii。こうしてアストルティアにまた一人、生粋のアホが降臨する………っ!













よぉぉっしゃあぁあぁ!なんか腹立つわこの魚ぁぁあ!









兎にも角にもとりあえず。ジュレまでたどり着かないことには何も始まらんだろう、と言うことで、レーンに降り立つ鉄塔。と、丁度このタイミングで元・隣人はやてさんからのフレチャ。なんでも今巷で話題の(若干既に廃れてるかもしらん)Vロンに一緒しないか、というお誘い。

え、超いきたい。いきたい、が!流石に高校時代からの友達にプレイ勧めるだけ勧めて放置は出来ん……っ!仕方なく断りの言葉を吐こうとした、次の瞬間。




「手伝おうか?」























神がいた。



























ボタン連打後話聞かない系プレイヤー・すむちん。数秒前に展開していたはずのストーリーを全く把握出来ていない。


「ねぇ!これつぎどこいくん!ねぇ!」


と。


………口頭で、尋ねてくる。とりあえずおまえあれだ、チャットをしろ。はやてさんが置いてけぼりじゃねーか。


で。見かねたはやてさんが、非常に細やかに攻略情報を教えてくれた。先生って呼んで良いですか?




「自分がしてもらって嬉しい事をしてるだけだよ」






めっちゃ男前だった。は、はやてさん……っ!!




「ボス戦はサポートしかしないよ」

「やっぱ最初のボスは自力で倒さないと」




男前だった。絶望的なまでに正論である。




いや、はやてさんいるし楽勝だわ~、と。完全に余裕をかましていたすむちんの表情が僅かに引きつる。愉快だ。


が。この時点ですむちんはレベル3。無謀。そんな言葉すら浮かぶような圧倒的貧弱。

いあ。しかし或いは、ひょっとすると、なにかの間違いで勝利する可能性だってないじゃない初めから諦めるなんて愚の骨頂さぁいまこそすむちんおまえの力を見せつけてやれ大丈夫おまえならきっと出来る筈さなんていったって















すすむぅぅうぅうっっ!

えぇ、即死でした。促成栽培に無理は付き物ですが、明らかに無謀でした。さよならすむちん。お前の事は忘れないよ…。



あ、ちなみにボスははやてさんが抹殺しました。一撃で沈めてました。すむちんが隣の部屋で「はやてさん!はやてさんやっべー」と一人盛り上がってました。だからチャットをしろ、おまえ。






で。






















ジュレへの搬送も無事終了。たったこれだけの事に多分二時間近く掛かってます。得る物のなにもないこの時間に嫌み一つ言わず付き合ってくれたはやてさん、まじで感謝……っ!






















おかしい。彼の私に対する扱いがひどい。




ランキング参加中。

ところで。すむちん、このブログの存在全く知りません。当然、自身が記事の内容に使われてるなんて夢にもおもってないでしょう。

ノリの良さと人の良さでは、私を遥かに凌駕する男。会話が遅いのは愛嬌です。


おいすむちんタイプ遅いぞこら!って方。下のをぽちっとしてくれると、すむちんのタイプが火を……吹く?





人気ブログランキングへ

鉄塔雑記番外編.アストルティア新橋支部

混乱と混迷と。強烈な赤っ恥珍事、『復活コンサート』より日も経ち。望んで下さる方の「望んでいる」って言葉を頭から信じて。恥知らずにもブログの更新を再開させていただきたいと思います。

本来。一度吐いた言葉を、容易く撤回するのは趣味ではないのですが。それを承知で再開する以上、これより先は若干今までよりも実益のあるブログを目指していきたいと思っています。住宅村から出ない系ドラクエなんてもう呼ばせない。


ってことで。心機一転・新たな気持ちと決意で挑む復活第1回!











アストルティアの生きる伝説(的)変態、おみそよ。






可愛い女の子大好き。全裸ガルゴルの推進者、人間核弾頭にっくん。













二人と、飲みにいった話です。


































あれ?










































さて。

発端は一昨日(だったと思う)。みそからのフレチャ。

「週末にっくんと飲みにいくから、暇ならおいでよ!」

…………ぁんだってぇ?



私の我が家購入時に知り合ったみそとにっくん。話を聞くに最近は非常に仲が良いらしく。地元が近めって事も手伝い、是非会ってみよう!って話になった模様。なるほど、理解できない話ではない。

が。

はっきり言ってにっくんとの絡みが日々多いわけでもなし。チャットを交わす事も多くなく。まぁ、端的に言えば彼女という人格を計りかねていた訳です。

更に言えば。











この圧倒的純情可憐(ひげ)エルフの操縦桿を握っているのは、圧倒的キモオタヒッキー。あかんで。これはあかん。ネオン株大暴落の予感が止まない。っというか根本的に月末で仕事多すぎるわなんで今日をチョイスしたんだみそばかやろー。










で。結局前日まで『ちょっと今回は見送るね』と、話を。確かに、確かにしていた筈なのだが。

当日の夜、ラインでの会話の中で。




『きちゃいなよ!』

『まってまつ!』

いや、だからね?仕事がね?

『『まってまつ!』』



暴走列車のブレーキは既に粉砕しておりました。











で。









聞けば二人は現在新橋で飲んでいるとの事。行動範囲の狭さについて右に出る物のない鉄塔エルフからして、完璧に何処ソレ状態。テレビで聞いたことある地名だねそこ位の認識レベル。

ふわふわと一人迷子になりながら現地入り。迎えに来てくれるとの事だったので、駅前で福祉募金活動に勤しんでいた水野さん(初対面)と世間話をしつつ、変態を待つこと暫し。



はた、と。


一人の男性と目が合う。





















みそぉぉぉあああぁっ!
(この時点で携帯電池切れ。写真なし………………っ!)




小綺麗な格好に身を包んだ、いかにも『俺、あそんでますっ』みたいな男前が立っていた。無理だ。信じたくない。こんなの、こんなみそとちゃう…………っ!






「これに口説かれてたのか、おれは………」

「ネオンたんをね。攻略に掛かってた訳だね!」

「黙って?」

みそでしたぁぁぁぁぁぁぁっ!









と。その後ろから女性が一人。



「ネオンくん?」



にっ






















にっくうううぅぅぅん!!


こちらもやはり小綺麗な格好の、朗らかに微笑む女性がいた。まじか………これがあの、人間核弾頭だなんて………審美眼が粉砕したのか、私。









「女子力がね、溢れてるでしょ」

「は、はぁ…………」

「…………あぁ?」

「やばいにっくん女子力盛り盛りどうしよう惚れてしまったらどうしよう」



うん。にっくんだったわ。









ちなみに。初対面の際の私に対しての二人のコメント。




















「「なんか……印象と……違う……」」





うるせー!どうせネカマだよ!どんな期待してたか知らないけど、ほっといてよ!ちくしょー!










で。三人でふらふら。落ち着ける場所を捜索した挙げ句、個室のカラオケに突入。めっさ綺麗なトコでした。写真撮りたかったで……。


んで。つらつらりとだべるだべる。




みそ、にっくんが非常に社交的な性格であった事もあり。会話が途切れるタイミングもなく、延々とお喋りが続きます。

途中各々ぽつりぽつり、好きな歌などもうたいつつ。ぱっと見た感じ恐らく非常に普通に飲み会でした。




が。そこはそれほれやはりオフ会(だって事実に三人とも暫く気付かなかった訳だが)。印象的だったのが会話の端々に



「うちのチームの子が……」

とか

「ぷれたんがさ~」

など。ドラクエ内でよく知る人達の話題が挙がった事でしょうか。









他の方はちょっとわからないけれど。

私は普段、あの狭いチャット枠内で会話を行おうとすると、無意識にどうしても言葉の贅肉が削げ落ちてしまい、直感的な会話ってのがし辛いと感じています。

これ言うと誤解招きそうですが。だもんでこういう電話とか、実際のオフ会とか。楽しみ方として本筋なのかは微妙ですが、機会があればまたしてみたいものです。



ちなみにその日は私の合流が遅かった事もあり、まさかのオール。高校時代に立ち帰ったような斬新な一日でした。







とりあえず、あれだ。みそ、にっくん。君ら次ウチに遊びおいで。鍋する為だけの部屋があるから、楽しく飲んだくれよ~。










おまけ。

写真が少なすぎるので、長らくお蔵入りしてた、きりりんさんピンショット解禁。



























……多いな!








ランキング参加中。
ところで。今日の記事、余りにも会話内容がプライベート過ぎて、書ける内容添削してったら、小学生の読書感想文になってしもうた。すごく不完全燃焼。

ってことで。また今日から鉄塔雑記通常運転でいきます。

下のをぽちっとしてくれると、ちょっとがんばっちゃう。

…………いや、どうだろ。





人気ブログランキングへ
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。